ヨガインストラクターまるもまろのブログ


by zeroyoga

<   2013年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧

お伊勢参りへ その2




まだ暗いうちに宿を出発しました。

窓からは鳥羽の海が見えて美しかった。

玄関に、私たちの分だけ靴がならべられていて・・・

細やかな気配りに、ハッとさせられます


f0187875_14112384.jpg
























天照大御神を祀る皇大神宮は

オールジャンルOKの日本でいちばん大きい神様なんですね。

朝6時に鳥居をくぐれば、そこには

ちらほら参拝客が集まり始めていました。



f0187875_14371399.jpg








五十鈴川の御手洗場(みたらし)が右手にみえてきます

昔はここでからだを清めていたと聞きます。



口と手を清めたら

ここからはなんだか別世界のようですね・・・







f0187875_14141311.jpg





















まるで結界を張っているかのように

空気の色が変るのを感じました。









鳥居をまたひとつくぐり



f0187875_14345978.jpg





































奥へ進んでいくと

深い森が導いてくださっているよう。

外宮のほうは石段の階段が多いのに比べて

内宮はなだらかな砂利道で歩きやすく感じます





f0187875_14262172.jpg








































木の幹も、参拝客が撫で回してつるつるに。





この日は朝からあたたかく、薄着でも快適のため

足取りも軽く、森林散策するような気持ちです

外宮では鼻炎で鼻をグスグスさせていた私なのですが、

なぜか内宮ではぴたっと止まりました。





いよいよですね





北側へまわって

荒祭宮(あらまつりのみや)へ。


f0187875_1448393.jpg

















ご祭神は 天照坐皇大御神荒御魂
(あまてらしますすめおおみかみのあらみたま)

少し小高くなった場所に、仰ぎみることができました







遷宮前と、後とが仲良くならんで

響きあっているようにも感じます。

なぜだか両方に、神様がいらっしゃるような?

そんな錯覚をしてしまいます


f0187875_14593734.jpg




















f0187875_1504225.jpg
























こちらの神様は、呼んで字の如く

荒々しい神様。

思いが溢れ、神様に向き合う心構え、覚悟が出来た時に

お参りするところだそうです


こちらはお願いごとをききいれてくださる

神様なんですね









そして内宮の正宮へ


f0187875_15165536.jpg

























少し急な階段をのぼって

ここからは撮影禁止。

この奥には、4重の御垣に囲まれた一番最後にあるご正殿に、

天照坐皇大御神が

お鎮まりになっているんですね






しんと静まりかえっていて神妙な雰囲気が

あたりを包んでいます





ここでは参拝客も

ずっと後ろへ目を凝らしてはため息を

ついてしまうのでした





腰を折り曲げて、深揖をし

今に感謝をささげると

頭の中がすーっとして、からだがふんわりと軽くなるようでした



良き日、です。












帰りはゆっくり宇治橋から帰りました


f0187875_1536565.jpg




















参拝の余韻を感じつつ

ところどころ紅葉のはじまった木の葉を眺めながら歩きます







f0187875_1543427.jpg












f0187875_15364498.jpg



















開放感でいっぱいです。

お伊勢さま、ほんとうに素晴しかった。













空腹もピークに達し、楽しみにしていたおかげ横丁へ。

このあたりで雨が降ってきました・・・





、参拝中は守られていたようです!

f0187875_15462186.jpg
















f0187875_16174294.jpg











赤福でぺろりとお団子3つ

たいらげて、お茶をたくさんお変わりしながら

雨だれを眺めていました

畳の上に火鉢が据え付けてあって

人が輪になってあつまっていました。



f0187875_1614880.jpg




































f0187875_1635616.jpg









f0187875_1644330.jpg




































お米も、野菜も、お社につかう木も、衣服の糸も

宝具も、すべて手作り。ぜーんぶ地産地消・自給自足。

「お醤油が切れたから、どこかで買ってきて」

っていうわけにはいかないんだから

あるものを大切にしますよね

木がうまく育たなかったら、次の遷宮を無事にとげられないかも

しれないから・・・20年間大切に育てるんだとおもいます




、そこがお伊勢さまのすごいところ。







伊勢は、また来なくちゃ。

次回は、必ず御礼参りにもどりたい


















f0187875_1664996.jpg



















f0187875_167974.jpg
[PR]
by ZEROYOGA | 2013-10-30 16:18 | ブログ | Trackback | Comments(0)

お伊勢参りへ その1




先日、式年遷宮から8日後の
伊勢神宮へいって参りました。




f0187875_15204055.jpg






















あたらしいお社と、20年の歴史のお社とが共存するのは

、今だけ。






まず衣食住の神様

豊受大御神の鎮まる外宮参拝へ。

辺り一面、真新しいヒノキの香りいっぱいに包まれて

嗅ぐだけで薬効。観ては神聖な気持ちにさせていただける。


f0187875_15441850.jpg























やっぱり早朝参拝にして、よかった。




f0187875_15212536.jpg




































まだまだ人気も少なく、ぴーんと張り詰めた空気を

両手をひろげて独り占め?した気分です。

それでも

朝6時をすぎると、パラパラと参拝客が集まりはじめています




f0187875_15464667.jpg











少し歩くと、いきなり右手に正宮がみえてきます。

遷宮の前の趣のある社には、緑苔がうっすらとかかっていて

風情ある佇まいです。

新しいお社のほうは、ヒノキが良い芳香を放っていて

参拝客を釘付けにさせるなにかがあるようでした。



前と後のお社が隣り合わせで

喜ばれていらっしゃるようにも、みえますね










外宮から内宮へ食事をはこぶ

日別朝夕大御饌祭にも出会いました。

御饌殿の扉の開く音には、ドキドキして

幼い時、御守りの中身をこっそりひらいて見たことを

、思い出しました。





f0187875_15501049.jpg






























この日は早朝から思いのほか、冷え込みが強く

あたたかい上着と飲み物が恋しくなるほどでしたが

もう少しの辛抱です。











そして外宮別宮の

多賀宮(たかのみや)へf0187875_15522238.jpg


御祭神の

豊受大御神荒御魂(とようけおおみかみのあらみたま)は

別宮のなかでは一層格式の高い神様で

ここは外宮で唯一、お願い事をしても良いと

されるところなんですね。

f0187875_167127.jpg





















他のお宮では、只管感謝の気持ちを述べるだけ

なんです

ついつい欲がでてしまうところをぐっとこらえるのでした。


f0187875_1661699.jpg




f0187875_1663321.jpg













御池にかけられている亀石を渡ると

右手に土宮(つちのみや)

ご祭神は、大土乃御祖神(おおつちのみおやのかみ)





左手に風宮(かぜのみや)
f0187875_1693666.jpg
ご祭神は、級長津彦命(しなつひこのみこと)
 級長戸辺命(しなとべのみこと)


この2つはちいさな宮で、こじんまりとしています

こちらの遷宮は未だなんですね。












次に外宮参道から徒歩で数分の

月夜見宮(つきよみのみや)へ

f0187875_1619497.jpg






























こちらのご祭神は、天照大御神の弟神にあたり

天照大御神が太陽なら、

月夜見尊は、それに次ぐ月。

と讃えられているんだとか


f0187875_16234716.jpg










f0187875_1622193.jpg






































このへんは観光バスも入られないので

しーんと静まり返っています

樹齢何年?というような大木もあり、

思わずほっと息を吐き出したくなるような

居心地の良いお宮です。










f0187875_15302225.jpg


そろそろ空腹も限界になり

外宮参道で朝食をいただきました

伊勢うどん美味しい~







そして外宮より8キロほどはなれた

倭姫宮(やまとひめのみや)へ

こちらのご祭神は、現在の地に神宮を創建した功神と

いわれています。




f0187875_1630457.jpg






















鳥居をくぐると心地よい風が吹いてきて、気持ちがいい。

周辺には美術館やテニスコートがあり

公園では地元のママがお子さんを連れて遊んでるようすも

みられるほど、ゆっくりとしていてのどかな場所です



f0187875_16284683.jpg




















こちらも来年以降の遷宮の準備が

すすんでいるのでしょうか。




このあたりで雨がぱらついてきます







連休の最終日であるせいか、道が空いていて

良いペースで

月讀宮(月讀荒御魂宮つきよみのあらみたまのみや)へ。

f0187875_1636842.jpg







f0187875_16363151.jpg

 
先の月夜見宮とご同神ですが

こちらのご祭神は

月讀尊(つきよみのみこと)
月讀尊荒御魂(つきよみのみことのあらみたま)
伊弉諾尊(いざなぎのみこと)
伊弉冉尊(いざなみのみこと)

4宮あわせて月讀宮とよばれたんだとか。






神様が4つもお鎮まりになってるせいか

気のせいか、神聖な雰囲気がたちこめています

空気もやわらかく

ほかの別宮より境内も広くて、森林散策をしているような

感覚になります。











翌朝4時に起床していよいよ内宮へ











                          2へつづく
[PR]
by zeroyoga | 2013-10-25 16:42 | ブログ | Trackback | Comments(0)

ムーンライトヨガ☆秋谷



 まるで海外?バリのウブドをそのまま移したような

 海と山の素晴らしい自然の恵みに囲まれた

 ログコテージでヨガをしませんか?



定員になりましたので締切ました!
        キャンセル待ちのみ受付可



ムーンライトヨガ☆秋谷

2013年11月4日(月曜祝)
13:00〜







f0187875_14588100.jpg




















ヨガをしながら、鳥がこちらへ飛んできてはさえずり、

風と草木の音が重なりあうのを感じられます。

瞑想するのにも最適です。

デッキでリラックスしたり、ハンモックに揺られるのもとても心地よいですよ

この日は新月二日目。月礼拝で心と体をリセットし、

瞑想やリラックスタイムで穏やかな時間を過ごしましょう。

(逗子駅より送迎もあります)







◇ 場所 ◇

秋谷ヨガハウス
〒240-0105
神奈川県横須賀市秋谷4482-1

・JR逗子駅下車、東口改札前のバスターミナルより京浜急行バスで25分。
(逗子駅より送迎有り)

・車でお越しの方で横浜横須賀道路、又は逗子インターよりお越しください
(駐車場4台まで有り)



f0187875_1594670.jpg






f0187875_1532374.jpg

















◇ スケジュール ◇

12:15〜 受付開始

13:00〜 ヨガ

14:30〜 お茶と軽食&リラックスタイム

15:30〜 瞑想・リラクゼーション

16:00 片付け

16:30 終了




◇ 持ち物 ◇

動きやすい服装、タオル、ブランケット




f0187875_15225325.jpg


◇ 参加費 ◇

3400円

ヨガクラス、ヨガマット、ハーブティー、ケーキ込み
(送迎代・片道別途500円)




◇ 申込み方法 ◇

ご参加される方全員のフルネーム(お友達の名前も)
お書き添えの上、こちらのメールに返信ください


最終〆切10/25金曜夜まで

zeroyoga@gmail.com 丸茂



f0187875_15155235.jpg

f0187875_152844.jpg


























◇ 定員 ◇

12名

少人数制のため、定員になり次第
締め切りとさせていただきます




◇ インストラクター ◇

丸茂 麿
(まるもまろ)




ご参加お待ちしております






f0187875_15182945.jpg































f0187875_15185917.jpg
[PR]
by zeroyoga | 2013-10-21 09:20 | what's new! | Trackback | Comments(0)

クラシックス



きょう母と二人でクラッシックスを

聴きにいってきました。




ヨーロッパでは、昔

パイプオルガンの音から、神様からのメッセージが

降りてくると

考えられていたんだとか。



!そういうわけだったのね。

教会にパイプオルガンがあるのは。









ストラディバリウスの生演奏も、

やっぱりすばらしくて

迫力のオーケストラのパワーに、吸い寄せられるようでした。

音楽には力強い波動があるように

おもいます




f0187875_21575814.jpg
[PR]
by zeroyoga | 2013-10-19 21:58 | ブログ | Trackback | Comments(0)

いちじくの花




いちじくに花がないなんていうのは

、嘘。

無数の白い小花がつくけれど

外からは見えないことに由来して

、「無花果」になったんだとか。





命あるものは美しく開花できる




花が小ぶりでも

うっとりするよな 実をつけて

おおきく成熟できたらいいなあ










f0187875_1932420.jpg
[PR]
by zeroyoga | 2013-10-11 19:20 | ブログ | Trackback | Comments(0)

金木犀




高い青空にはぽつぽつ綿毛の雲が。

そこから舞い降りる空気は

午前の

ながい陽の足とともに 部屋の半分までのびてきて
 



あったかな風の中には時折、

冷たさが入り混じっていてハッと

させられる

、私は練習の手を止める。

日焼け止めは どこにいったかな?





胸いっぱいに息を吸えば

そこには秋のあまい香りがかすかにひろがる

シャバーサナで金木犀の夢を見た
[PR]
by zeroyoga | 2013-10-08 11:33 | ブログ | Trackback | Comments(0)

おいらん道中 動画








[PR]
by zeroyoga | 2013-10-01 23:29 | ブログ | Trackback | Comments(0)