ヨガインストラクターまるもまろのブログ


by zeroyoga

<   2014年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ヨガ帰り






6月の気持ちのいい風の吹く日

湿り気だけじゃなく新鮮さも合わさっていて

ちょうどいい






窓を開けて風を通してみるとまだ冷房なしでも

全然平気です

もうすぐ来る本格的、夏。

今はまだその手前の

夏への渡り廊下を歩んでいるところなんですね




f0187875_12281798.jpg






















7月になれば少し時間に余裕が持てるはず・・・

と思って今の忙しさを乗り切ろうとしていたら、

そのまま1週、2週と過ぎていきそう。

7月になれば会いましょうって先延ばしにしてた約束や

バーゲンもあるし

宮古島合宿、北海道帰省もすぐに来てしまいそうな

、慌ただしさ。

f0187875_12292076.jpg


















慌ただしいということは

何かに追われているような気持ちになるときもあります。

これって誰に追われているわけでもなく、

次から次へ手を出すから時間がなくなるんですよね

、でもそんな自分がもっとも自分らしい

っと、最近あらためて気付きました

これでいいんだ







腰を据えてじっくりやるのは性に合わないし

欲しかった時間が手に入っても

なぜだかきゅううっと胸が締め付けられるんです

、いつも何かに夢中で、何かしていたい。








髪をばっさりと切ったから、えりあしのハネが気になります

風通しが良くなったぶん

似合う洋服も変わったし、今年はいろいろクリアランスしようかな

捨てると、あたらしいのを買う権限が与えられるようで楽しみです

みなさんも残り少ない6月を楽しんでください
[PR]
by ZEROYOGA | 2014-06-23 12:30 | ブログ | Trackback | Comments(0)

秋谷ヨガ&BBQ 後記




先週末、晴天の下

秋谷ヨガ&BBQ 無事にとりおこなうことができました

f0187875_12351198.jpg







ご参加くださった皆さん有難うございました!









頬を触れる風、草木のこすれる音、遠くの鳥のさえずり、

よくあるようで、かけがえのないものが

ここにはあります。


f0187875_1236461.jpg












f0187875_12544247.jpg




















小さいと思えることに、大きなものがあるのかもしれませんね














空と風の声を、大地の声を、

身近にいる人の声だって!

聞いて、感じて、決断しないと自分の中で新しいものは創造されないし

過去より何より、今しかできないこと


f0187875_1237287.jpg




















ヨガを教えさせていただくとき

必ず自分の経験からテーマを導き出すようにしています

f0187875_12382554.jpg











f0187875_12444843.jpg














それを角度を変えてアプローチすることの

大変さと面白さを味わうとき

この仕事をしているいちばんの醍醐味かもしれないですね




f0187875_1243395.jpg











f0187875_12435596.jpg

























ヨガイントラの定義があるとしたら

いかにビギナーズに近いところで

クラスを進めていけるか?

ということじゃないでしょうか。これは究極に難しいです!


f0187875_12455247.jpg





















想いが一つになるように言葉の進行、

流れに意識を集中させ、周囲の状況ひとつひとつに

添わせることで調和をとっていく___


f0187875_12463950.jpg







f0187875_12465822.jpg

















まだまだ発展途上だからこそ

常に人生というのは楽しめるものなのだと

おもいます





f0187875_12534756.jpg






































f0187875_12594429.jpg
















f0187875_12543435.jpg
[PR]
by ZEROYOGA | 2014-06-04 13:02 | ブログ | Trackback | Comments(0)

もうすぐ父の日




「似てても 似ていなくても

お父さんは、私のお父さんにかわりないんだよ」

そう自然に言葉が飛び出して

、自分で自分に驚いた。







母が、私の顔を見るなり

さいきんお父さんに似ていないね?

なんて言うもんだから

つい、口からついてでた言葉は

昔の私だったら否定してたであろう事実でした。



現在では心のパーツの一つに、

あたりまえのように埋め込まれてる






月に一度

家族水いらずのお食事会のとき

予め小腹を満たしてからくる、うちの父。

私のためにしてくれる、そのまどろっこい性分も

今ではなんだか誇らしいくらいです

もうすぐ父の日だね
[PR]
by ZEROYOGA | 2014-06-02 12:27 | ブログ | Trackback | Comments(0)